15141683332583234.png

3 D印刷技術紹介

当前位置 : 首页 > 加工技術

3 D印刷技術紹介

* 来源 : * 作者 : admin * 发表时间 : 2017-12-22 * 浏览 : 1
3 D印刷(3DP)つまりラピッドプロトタイピング技術の一種であるが、それは1種が数字模型ファイルを基礎にして、運用粉末金属やプラスチックなどで接着材料、印刷の方式を層構造物の技術。
3 D印刷は通常はデジタル技術材料プリンターで実現して実現している。常に金型の制造、工業デザインなどの分野で使用されて製造モデルは、後にいくつかの製品の製造直接、もうこの技術に印刷した部品。同技術は、ジュエリー、履物、工業デザイン、建築、工事と施工(AEC)、自動車、航空、歯科と医療産業、教育、地理情報システム、土木、銃やその他の分野が応用。
日常生活の中で使う普通プリンタプリントできるパソコンの平面設計品で、いわゆる3 Dプリンターと普通のプリンターの仕事の原理はほぼ同じで、ただ印刷材料はちょっと違う、普通プリンタの印刷材料はインクや紙で、3 Dプリンター内蔵金属、陶磁器、プラスチック、砂など別の「印刷材料」は、実際の原材料と、プリンタをコンピュータに接続した後、コンピューター制御を「印刷材料」をぐるぐると重なるコンピュータ上の想いを、最終的に実物。平たく言えば、3 Dプリンターは「印刷」を真の3 Dオブジェクトの1種の設備、たとえばプリントロボット、プリントのおもちゃの車を様々なモデル、印刷、甚だしきに至っては食品など。が通俗に「プリンタ」は普通のプリンターの技術の原理を参照し、加工過程から層別とインクジェットプリントと非常に似ている。この印刷技術は3 D立体印刷技術と称する。
3 Dプリントは様々な技術が存在している。それらの異なる点は、使用可能な材料としての方式を作成することにある。3 D印刷常用の材料がナイロン繊維、耐久性ナイロン材料、石膏材料、アルミニウム材料、チタン合金、ステンレス、銀、メッキ、ゴム類材料。